チューバを吹きながら考えた

北海道在住のチューバ吹き。日頃考えたことを書いていきます。

鳴りにくい音の練習・対策方法

今回の話は、金管楽器の方向けですm(_ _)m

でも、木管楽器の方も参考になるところはあるかも…?

 

演奏をしていて、鳴りにくい音ってありませんか?

たとえばB管の楽器だと、下のB(実音シ♭)から半音上がったH(実音シ)が鳴りにくかったり、音程が合いにくかったりすることが多いようです。

その半音上のC(実音ド)も比較的多いかも。

 

このような音、どうやって練習したらよいのでしょう?

 

なぜ鳴りにくいか

一つ試してみましょう。

  • ピストン/ロータリーを押さない状態(トロンボーンの場合、スライドが一番手前にある状態)
  • 鳴りにくい音の指遣い(スライド)

の二種類で、音は出さずに、楽器に息を入れてみます。

 

吹き心地はどうですか?

二つ目の方が、

息が入っていきにくい感じがしませんか?

 

ピストンやロータリーは、押しているところにつながっている管のぶんだけ、息の通り道が長くなります。

トロンボーンは視覚的にもわかりやすいですね…スライドが遠くにあるほど息の通り道が長くなり、そうなっている音ほど、息が入りにくいのではと思います。

 

B管の楽器においてHの音は、たとえばトランペットやピストンが3本のチューバなら、すべてのピストンを押さなければなりません。

 

そのため、管の長さが長くなり、息が入りにくいため、吹きにくく感じます。

また、倍音の関係上、音程が高くなりやすい傾向にあります。

 

どのような練習や対策をするか

・息を入れる→吹いてみる

先ほどと同じように、開放の場合とピストンやスライドを操作した場合の二種類で、音は出さずに息を入れてみます。

 

そして、

「この二つの音はこれだけ息の入りにくさが違うのだな」

ということを意識して、

鳴りにくい方の音に、少し多めに息を入れて吹いてみましょう。

 

このとき、息のスピードではなく、

量を増やすようなイメージで吹きます。

 

別の言い方をすると、

息を入れた時に、管の中に抵抗を感じると思いますが、

これを突き破るのではなく、寄りかかる感覚です(伝わるかな…)。

管の長さが長い場合の方が、よりたくさん寄りかかれます。

 

・変え指、管の抜き差し

4本ピストンのチューバの場合、

「123」の指は「24」が、

「13」の指は「4」が変え指になります。

 

気持ち的な問題かもしれませんが、個人的には後者の指遣いのほうが、息が入りやすく感じます。

さらに、この4番管をあらかじめ抜き差ししておくことで、音程が少し高めになるのも合わせて調整できます。

 

トランペットでは、このような変え指は残念ながらありませんが、

補正のために左手薬指で操作するトリガーがありますね。

3番ピストンを押す時に管を伸ばして、音程を調整します。

 

ピストンが3本のチューバの場合は…3番管をあらかじめ少し抜いておきましょう(^_^;)

 

・シャープ系の音階、半音階

シャープ系の音階を毎回一つずつ吹いてみたり、ロングトーンを半音階でやったりすることをオススメします。

 

というのも、Hの音が鳴りにくい理由として、先ほどの理由の他に、
この音に触れる機会がそもそも少ない
ことも関与しているのではないかと思うからです。

 

吹奏楽では、B管やEs管の楽器が多いこともあり、フラット系の音階を中心に練習することが多いと思います。

 

しかし、F-dur、B-dur…と長調のフラットを一つずつ増やしていって、

Hの音が音階に初めて登場するのは、♭が6つついたGes-durです(厳密にはCesの音になります)。

この調を基礎練習でさらったり、曲で吹いたりすることは…ほとんどないですよね。

 

また、私がこれまで見てきた限り、ロングトーンを、B-dur、Es-durなどフラット系の音階のみでやる団体も結構多いです。

 

もちろん、メンバー間での習熟度の違いや、合奏時間に限りがあることも関係しているかもしれません。

 

しかし、このようにHの音に触れる機会が少ないため、いざ曲になると、

  • 鳴りが悪い
  • 音程が合わない

などの問題が生じるのではと推測します。

 

個人練習で構いません。

ある程度楽器に慣れてきたら、シャープ系を含めたさまざまな調に触れることをオススメします。

 

すべての調を毎日さらう必要はありません。

B-durやEs-durに加えて一日に一つ、シャープ系の音階を日替わりでさらうだけでも、効果はあると思いますよ。

 

まとめ

  • B管でHの音が鳴りにくいのは、管の長さが長くなっているから
  • 音を出さずに息を入れて、抵抗感の違いを感じてみよう
  • 変え指やトリガーなどの対策を駆使しよう
  • Hの音の有無に限らず、さまざまな調に馴染もう

 

AKI