チューバを吹きながら考えた

北海道在住のチューバ吹き。日頃考えたことを書いていきます。

音をはっきり吹くには: 音を出すまでの3ステップ

「チューバ、もごもごしてる!」

「もっとはっきり、クリアに吹いて」

このようなことを指摘されたことがある人は、チューバ奏者に限らずいるかと思います。

 

解消するにはどうしたらよいのでしょう?

もっと息を吹き込む?

「はっきり吹く」ように意識する?

 

今回は、改善のヒントになりそうな、

楽器を吹くまでの3ステップ

をご紹介します。

 

楽器を吹くまでの3ステップ

金管楽器を吹いて音を出すためには、

  1. 指(finger)/スライド(slide)
  2. 唇(lip)
  3. 息(air

の3ステップが、この順番で行われる必要があります。

 

英語表記は、自分が「finger-lip-air」という非常に覚えやすい語呂合わせで教わったので、それに合わせて書いています。

 

トロンボーンの場合、1.はスライド操作ですね。また、木管楽器の場合、2.はそれぞれの楽器にあった形で、口を歌口にセットすることになるでしょうか。

 

はっきり音を出すために、次のことを確認してみましょう。

 

  • 息を入れる(3. air)前に、指は押さえられて(1. finger)いますか?

 

楽器が、目的とする音が出る状態になっていないと、息を入れても音は出ません。

 

フレーズがもごもごする、はっきり聞こえないのは、音の変わり目で息の入れ方を変える時に、指やスライドの準備が間に合っていないからかもしれません。

 

  • 息を入れる(3. air)前に、唇は吹くのにふさわしいポジション(2. lip)にありますか?

 

アンプシュアは音によって少しずつ変わってくると思います(極端に変わるのは演奏に弊害が出る可能性がありますが)。

 

次に吹こうとする音のアンプシュアに、息を入れる前に移行できているでしょうか。

 

私の場合

私は、特に一つ目の、「指を先に準備すること」を意識することで、改善することが多いです。

 

吹こうとするタイミングで、楽器がその音に適した状態になっているには、思ったよりも速く指が準備されている必要があります。

 

はじめは一音ずつ、finger-lip-airの順に確認してみてみてくださいね。

 

AKI