チューバを吹きながら考えた

北海道在住のチューバ吹き。日頃考えたことを書いていきます。

鳴りにくい音の練習・対策方法

今回の話は、金管楽器の方向けですm(_ _)m

でも、木管楽器の方も参考になるところはあるかも…?

 

演奏をしていて、鳴りにくい音ってありませんか?

たとえばB管の楽器だと、下のB(実音シ♭)から半音上がったH(実音シ)が鳴りにくかったり、音程が合いにくかったりすることが多いようです。

その半音上のC(実音ド)も比較的多いかも。

 

このような音、どうやって練習したらよいのでしょう?

 

なぜ鳴りにくいか

一つ試してみましょう。

  • ピストン/ロータリーを押さない状態(トロンボーンの場合、スライドが一番手前にある状態)
  • 鳴りにくい音の指遣い(スライド)

の二種類で、音は出さずに、楽器に息を入れてみます。

 

吹き心地はどうですか?

二つ目の方が、

息が入っていきにくい感じがしませんか?

 

ピストンやロータリーは、押しているところにつながっている管のぶんだけ、息の通り道が長くなります。

トロンボーンは視覚的にもわかりやすいですね…スライドが遠くにあるほど息の通り道が長くなり、そうなっている音ほど、息が入りにくいのではと思います。

 

B管の楽器においてHの音は、たとえばトランペットやピストンが3本のチューバなら、すべてのピストンを押さなければなりません。

 

そのため、管の長さが長くなり、息が入りにくいため、吹きにくく感じます。

また、倍音の関係上、音程が高くなりやすい傾向にあります。

 

どのような練習や対策をするか

・息を入れる→吹いてみる

先ほどと同じように、開放の場合とピストンやスライドを操作した場合の二種類で、音は出さずに息を入れてみます。

 

そして、

「この二つの音はこれだけ息の入りにくさが違うのだな」

ということを意識して、

鳴りにくい方の音に、少し多めに息を入れて吹いてみましょう。

 

このとき、息のスピードではなく、

量を増やすようなイメージで吹きます。

 

別の言い方をすると、

息を入れた時に、管の中に抵抗を感じると思いますが、

これを突き破るのではなく、寄りかかる感覚です(伝わるかな…)。

管の長さが長い場合の方が、よりたくさん寄りかかれます。

 

・変え指、管の抜き差し

4本ピストンのチューバの場合、

「123」の指は「24」が、

「13」の指は「4」が変え指になります。

 

気持ち的な問題かもしれませんが、個人的には後者の指遣いのほうが、息が入りやすく感じます。

さらに、この4番管をあらかじめ抜き差ししておくことで、音程が少し高めになるのも合わせて調整できます。

 

トランペットでは、このような変え指は残念ながらありませんが、

補正のために左手薬指で操作するトリガーがありますね。

3番ピストンを押す時に管を伸ばして、音程を調整します。

 

ピストンが3本のチューバの場合は…3番管をあらかじめ少し抜いておきましょう(^_^;)

 

・シャープ系の音階、半音階

シャープ系の音階を毎回一つずつ吹いてみたり、ロングトーンを半音階でやったりすることをオススメします。

 

というのも、Hの音が鳴りにくい理由として、先ほどの理由の他に、
この音に触れる機会がそもそも少ない
ことも関与しているのではないかと思うからです。

 

吹奏楽では、B管やEs管の楽器が多いこともあり、フラット系の音階を中心に練習することが多いと思います。

 

しかし、F-dur、B-dur…と長調のフラットを一つずつ増やしていって、

Hの音が音階に初めて登場するのは、♭が6つついたGes-durです(厳密にはCesの音になります)。

この調を基礎練習でさらったり、曲で吹いたりすることは…ほとんどないですよね。

 

また、私がこれまで見てきた限り、ロングトーンを、B-dur、Es-durなどフラット系の音階のみでやる団体も結構多いです。

 

もちろん、メンバー間での習熟度の違いや、合奏時間に限りがあることも関係しているかもしれません。

 

しかし、このようにHの音に触れる機会が少ないため、いざ曲になると、

  • 鳴りが悪い
  • 音程が合わない

などの問題が生じるのではと推測します。

 

個人練習で構いません。

ある程度楽器に慣れてきたら、シャープ系を含めたさまざまな調に触れることをオススメします。

 

すべての調を毎日さらう必要はありません。

B-durやEs-durに加えて一日に一つ、シャープ系の音階を日替わりでさらうだけでも、効果はあると思いますよ。

 

まとめ

  • B管でHの音が鳴りにくいのは、管の長さが長くなっているから
  • 音を出さずに息を入れて、抵抗感の違いを感じてみよう
  • 変え指やトリガーなどの対策を駆使しよう
  • Hの音の有無に限らず、さまざまな調に馴染もう

 

AKI

 

音をはっきり吹くには: 音を出すまでの3ステップ

「チューバ、もごもごしてる!」

「もっとはっきり、クリアに吹いて」

このようなことを指摘されたことがある人は、チューバ奏者に限らずいるかと思います。

 

解消するにはどうしたらよいのでしょう?

もっと息を吹き込む?

「はっきり吹く」ように意識する?

 

今回は、改善のヒントになりそうな、

楽器を吹くまでの3ステップ

をご紹介します。

 

楽器を吹くまでの3ステップ

金管楽器を吹いて音を出すためには、

  1. 指(finger)/スライド(slide)
  2. 唇(lip)
  3. 息(air

の3ステップが、この順番で行われる必要があります。

 

英語表記は、自分が「finger-lip-air」という非常に覚えやすい語呂合わせで教わったので、それに合わせて書いています。

 

トロンボーンの場合、1.はスライド操作ですね。また、木管楽器の場合、2.はそれぞれの楽器にあった形で、口を歌口にセットすることになるでしょうか。

 

はっきり音を出すために、次のことを確認してみましょう。

 

  • 息を入れる(3. air)前に、指は押さえられて(1. finger)いますか?

 

楽器が、目的とする音が出る状態になっていないと、息を入れても音は出ません。

 

フレーズがもごもごする、はっきり聞こえないのは、音の変わり目で息の入れ方を変える時に、指やスライドの準備が間に合っていないからかもしれません。

 

  • 息を入れる(3. air)前に、唇は吹くのにふさわしいポジション(2. lip)にありますか?

 

アンプシュアは音によって少しずつ変わってくると思います(極端に変わるのは演奏に弊害が出る可能性がありますが)。

 

次に吹こうとする音のアンプシュアに、息を入れる前に移行できているでしょうか。

 

私の場合

私は、特に一つ目の、「指を先に準備すること」を意識することで、改善することが多いです。

 

吹こうとするタイミングで、楽器がその音に適した状態になっているには、思ったよりも速く指が準備されている必要があります。

 

はじめは一音ずつ、finger-lip-airの順に確認してみてみてくださいね。

 

AKI

メトロノームの効率的な使い方

練習の際、メトロノームは使っていますか?

 

テンポ感やリズム感を養うのには、メトロノームを使って練習するのが良い、とよく言われます。

 

これらをより効率的に習得できる使い方をご紹介したいと思います。

 

細かいビートを鳴らす

練習する曲に合わせた細かいビートを鳴らします。

 

  • 二連符(タカタカ)の曲なら八分音符
  • 三連符(タッカタッカ)の曲なら三連符
  • ゆっくりの曲(♩=72くらいまでかな)の曲の場合には、八分または十六分音符

 

です。

 

メトロノームの音が聞こえなくなるように

細かく鳴らしたビートを意識しながら、練習します。

 

このとき、

メトロノームの音が聞こえなくなるように」

演奏してみましょう。

 

メトロノームの音が聞こえなくなるくらい大きな音で練習する、ということではありません(笑)。

 

メトロノームの鳴るテンポと自分の出す音のタイミングがぴったり合っているので、「結果として」聞こえにくくなる状態を目指します。

 

あるいは、「メトロノームと並走するように」という伝え方で良くなった人もいました。

 

いずれにせよ、メトロノームのテンポについていくのではなく、

メトロノームと一緒に演奏する」感覚です。

 

これにより、メトロノームの出すテンポやビートを自分の中に取り込んでいきやすくます。

 

テンポを変えて練習

指が回らなかったり、テンポについていくのが精一杯な場合は、テンポを落とします

(速いパッセージの練習については後日また書きます)。

 

ゆっくりから、メトロノームと一緒に演奏することを意識して、少しずつテンポを上げていきます。

 

逆に、あるテンポで問題なく演奏できるようになったら、テンポを少し上げてみましょう!

 

上げても、すんなりと「メトロノームと一緒に」演奏できたら、テンポ感やビート感を持ってその曲を演奏できるようになったといえます。

 

こうした練習をさまざまな曲で繰り返していくことで、どんな曲でも、またテンポが多少前後しても、対応して演奏できるように徐々になっていきます。

 

オススメのメトロノームアプリ

ここまで書いた方法、ねじまき式のメトロノームでは限界があります(笑)。

 

♩=約100以上になると八分音符でカウントできませんし、三連符はもっと難しいですね。

 

デジタル式のメトロノームを購入するのもよいですが、

特に学生には決して安い買い物ではない上に、壊れたり、なくなりやすいのもまた事実…

 

自分もこれまで片手の指以上はなくしてきた記憶があります(笑)

まぁ、チューナー機能も兼ねているので一つは必要かもしれませんが…

 

そこで、スマホのアプリです。

私はこれを使っています。

http://www.ihara-product.com/products/sm.html

 

非常に見やすくスマートですし、

テンポを表す数字をクリックすると電卓のように入力できます。

 

拍子やビートも、普通の曲を練習するには十分なバリエーションで揃っています。

さらに、私は使っていませんが、設定することで、テンポの変化や拍子変化にも対応可能だそうです!

 

ちなみに、このホームページにも演奏においてためになりそうなことが書いてありますので、ぜひご一読ください(笑)。

 

 

メトロノームを使って、テンポ感やリズム感のある演奏を目指しましょう!

 

AKI

ロングトーンの練習で大切にしたいこと

ロングトーン

 

管楽器を演奏することになったら、おそらく一番はじめに教わる練習でしょう。

 

しかし、同じ音をずっと伸ばし続けるだけなので、イマイチどうしたらよいかわからなかったり、退屈したり、惰性で続けたりしてしまっている方も多いかもしれません。

 

今回は、ロングトーンをするときに私が気をつけていることについて、ご紹介したいと思います。

 

私の練習方法

  • テンポ: ♩=60
  • 長さ: 4拍
  • 音域: 出る限り低く〜チューニングB

でやっています。

 

練習目的や習熟度などによっても変わってきますが、要は、

  • 遅すぎず早すぎず
  • 長すぎず
  • 低すぎず高すぎず(チューバは低音も練習することをおすすめしますが)

です。

 

4拍吹く→2拍休符→2拍ブレス

 

を繰り返しながら、半音ずつ音を変えていきます。

 

心がけること

1. 休符までの間に息を吐き切る

4拍吹く間だけでなく、そのあと2拍の休符の間にも、息を吐き続けます。

一番はじめの音を吹く前も、計6拍ぶん、息を吐き続けます。

 

これにより、体が「息を吸いたいモード」になるので、そのあとのブレスの際に息が自然に、深く入ってきやすくなります。

 

逆に「たくさん吸う」ことに意識を向けると、体の力みにつながったり、無理な吸い方をしたりして、結果として息がたくさん吸えなくなることが(私は)あります。

 

2. 2拍かけてゆったりブレスする

出そうとする音と同じスピード感でブレスをとると、スムーズに吹き始められます

(たとえば、バラードなどゆったりした曲の吹き始めに「シュッ」と速いブレスをとるのは不自然ですよね)

 

ロングトーンを吹くときと同じようなゆったりとした息を、2拍かけてたっぷりとります。

息がたくさん入ってくると、今度は「息を出したいモード」に体がなってきます。

 

3. 休符やブレスの間に、出したい音をイメージする

漫然と吹くのでなく、吹く前に、出したい音(音色、響き、明るさ、etc.)のイメージを持ちます。

 

レッスンやCDで聴いたプロの音はもちろん、憧れの先輩の音などでも構いません。

 

先輩にお願いして、同じロングトーンを交互にやってもらう(先輩がB♭を4拍吹いている時に自分は休符とブレスをとり、その後B♭を4拍吹く)のも良い練習だと思います。

 

4. 拍数を守ることよりも良い音で

楽器を始めて年数が浅かったり、低い音を吹いたりするときは、4拍でもまっすぐ持続することがしんどくなってきます。

 

その場合、無理に4拍続けなくて構いません。

まっすぐ、自分が良いと思う音で鳴らせる拍数ぶんだけ伸ばして、残りは休符としてしまいます(しんどいですが、その間も残った息を吐き続けます)

 

60点の質の音で拍数を守るよりも、100点に近い質の音を目指して短い拍でやる方が効果的です。

 

私も、調子が悪いときは拍数を2拍や1拍にしてやることもあります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

 

これ以外にも、ロングトーンにはいろいろなやり方がありますし、気をつけるポイントも山ほどあります。

 

チューバ吹きの方が書かれたロングトーンについてのブログを最後にご紹介します。

(今回は、ここに載っておらず、かつ私が注意しているポイントをご紹介しました)

 

 

 

いろいろ見比べて、試して、ご参考にしていただければ幸いです。

 

AKI

始めますか

AKIと申します。

北海道在住のアマチュアチューバ吹きです。

 

中学校から現在まで、吹奏楽部(団)やオーケストラで演奏する中で、

  • 考えたこと
  • 気づいたこと
  • 教えていただいたこと

などを、発信していきたいと思います。

よろしくお願いします!

 

とりあえず初日はこのへんで…。